シミ(しみ) クレンジング

クレンジングの仕方ひとつでシミが出来る!

 

クレンジングの泡を持つ女性の画像

 

毎日メイクをする方は、毎日クレンジングを使いますよね?そのクレンジング、本当にあなたに合っていますか?間違った使い方はシミを作り出す原因にもなってしまいます。シミなどの肌トラブルを避けるためにも、クレンジングのことを良く知ることが大切です!

 

クレンジングの種類

 

クレンジングには、ミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ、そしてふき取りタイプがあります。

 

洗浄力はミルクタイプが一番弱く、後者に行くにつれて洗浄力が強くなっていきます。

 

メイクはしっかり落とさなければならないから、オイルタイプのクレンジングを使っているという方も多いと思います。

 

しかし、メイクが濃い部分はアイメイクだけということはありませんか?

 

ベースメイクは下地とファンデーションだけという状態なら、オイルクレンジングは洗浄力が強すぎるかもしれません。

 

洗浄力が上がるにつれ、肌への刺激も高くなっていきます。

 

ナチュラルメイクの方は、滑らかで乾燥肌にも優しいミルククレンジングがおすすめです。

 

クリームタイプは少し重たい感じがするので、もう少し軽い感じで洗い上がりをサッパリさせたい方はジェルタイプもおすすめですよ!

 

洗い上がりがサッパリすればするほど、洗浄力が高く洗いすぎている場合もあります。

 

必要な油分も流してしまい、乾燥の原因にもなりますし、肌の負担になってトラブルの原因を引き起こすことも考えられます。

 

クレンジングが合っていないと、その後のスキンケアの効果も出にくくなりますよ。

 

いつものメイクがどれくらいの濃さなのか、また肌の状態をしっかり見極めて自分に合ったクレンジングを選びましょう。

 

その使い方、シミの原因かも!?

 

肌に優しいクレンジングを選んでも、メイクが落ちないからと言ってゴシゴシ擦りすぎてしまうのはNGです。

 

とくに目元はゴシゴシ擦ってしまいがちですが、その刺激が目元の黒ずみや色素沈着を引き起こしてしまうんです。

 

強く力を入れて擦るのは、逆に汚れを毛穴の中に押し込んでしまいます。

 

洗浄成分も押し込んでしまうので、刺激になってしまってシミの原因にもなりますよ。

 

シミを隠すためにコーンシーラーを塗っているところも、擦りすぎるとどんどん濃くなっていくので注意が必要です。

 

目元や口元の濃いメイクが混じったままクレンジングを続けると、洗浄力が低くなりしっかりメイクが落ちません。

 

ベースメイクと目元や口元のポイントメイクは別々に落としましょう。

 

正しいクレンジングの使い方

 

ひとつのクレンジングでメイクを落とそうと考えるのではなく、メイクの濃さによって使い分けてあげるのがお肌に優しくておすすめです!

 

アイメイクが濃い場合は、ポイントメイクリムーバーや、リキッドクレンジングなどを使って目元だけ別で落としましょう。

 

メイクや毛穴の汚れは、浮かして落とすことが大切です。

 

クレンジング量を手で温めてから、肌の上を滑らせるように馴染ませていくと自然とメイクが落ちていきます。

 

クレンジングを流す時はぬるま湯で流しましょう。

 

クレンジングの種類によっては、洗顔が必要なものもあります。

 

洗顔もたっぷりの泡で肌を包み込むようにして、肌を擦りすぎないようにしてくださいね!

 

正しくクレンジングを身につければ、ツッパリ感も少なく水分を保ったままの素肌を感じることが出来ます。

 

その後のスキンケアの浸透も良くなりますよ!

 

 

 

関連ページ

自然の万能薬、アロエはシミにも効く!?
怪我などの治療にも使え、美肌にも効果があるとされているアロエですが実はシミやそばかすを薄くする効果もあるといわれています。アロエがどのようにシミにアプローチするのかを調べてみました。
シミを改善するためには肌を健康にすることが大切
一度できてしまったシミを改善するのはなかなか至難のワザですよね。それこそ色々な化粧品を試したり、美容法を実践してみたり・・・。シミを改善するために最も大切なのは肌を健康に保つことです。では、肌を健康に保つ秘訣とは何なのでしょうか?
シミに効果があるサプリってあるの?
シミケアが出来ると数多くのサプリが販売されていますが、実際はどのような効果があるのでしょうか?シミに効果があるとされているサプリに含まれている成分について調べてみました。
市販薬でシミに効果がなかったら?
シミに効果があると販売されている市販薬も多くありますが、長年使っていてもシミが薄くならないという人もいます。市販薬が効かない理由とは一体なんなのでしょうか。
ステロイドを塗るとシミが出来る?
皮膚の炎症や疾患などの治療として使われるステロイドですが、ステロイドを塗ったまま紫外線を浴びてシミが出てしまったという方もいます。本当にシミができてしまうのでしょうか?
シミとそばかすの明確な違いとは?
シミとそばかす、呼び方が違うだけで同じものに見えますが実は明確な違いがあるんです。出来てしまう原因や、治療法までシミとそばかすの違いについて調べてみました。
コスパ最強!効果絶大なホホバオイルはシミにも効く!?
とにかくコスパが良く、高い効果も期待できるホホバオイルは美容を気にする女性に圧倒的な支持を得ています。そんなホホバオイル、シミにも効果が期待されるとして注目を浴びています。シミにどのような効果を示すのでしょうか?
皮膚科で行われるシミの治療方法
どうしても消えないシミを消すために皮膚科に駆け込む人も少なくありません。皮膚科で行われるシミの治療法はどんなものがあるのでしょうか?
シミのない美肌を目指す人が取り入れている漢方!効果をもっと上げるには?
年齢とともに気になるシミですが、漢方でシミが出来にくい体質にしていくこともおすすめです。体質改善をサポートする漢方の、効果を生かすために大切なことをご紹介します!
エステでするケアはシミに効果ある?
美肌効果の得られるフェイシャルエステですが、シミにも効果があるのでしょうか?エステサロンで癒されながらシミもキレイにケア出来たら嬉しいですよね!
シミやくすみには内側からケアがおすすめ!
シミやくすみがあるお肌は老けて見られがちです。若々しい美肌でいるためには、シミやくすみは厳禁!内側からケアをしていって、美しい肌を保ちましょう!
ストレスはシミの敵!
ストレスを溜め込んでしまうと体に不調が出てしまいますが、肌にも影響が出てシミが出来やすくなります。こまめにストレスを発散することもシミ予防に繋がりますよ!
産後に急に増えたシミ!どうすればいいの?
産後すぐから毎日赤ちゃんの世話に追われ、ふと鏡を見て気付くシミの数々。外出もあまりしてないのになぜ!?と思いますよね?なぜ産後にシミが増えるのか調べてみました!
シミ対策に良い食べ物って?
シミを作らないためにも、日々の食べ物に気を使うことは大切です。どんな食べ物がシミを防ぎ、美肌を保ってくれるのでしょうか?栄養別に食品も一緒にご紹介します!
ターンオーバーの乱れがシミを作る!
シミが出来る原因はさまざま。でもターンオーバーが乱れていなければ、いつまでもシミとして肌に残りません!なぜターンオーバーが乱れてしまうのかお伝えしていきます!