シミ(しみ) 皮膚科

皮膚科で行われるシミの治療方法

 

男性医師の画像

 

自宅でケアをしても、サロンに行ってみてもなかなか消えてくれないと悩む人の最後の砦が皮膚科。

 

皮膚科でのシミに対する治療は医療行為を行えるだけあって絶大な効果を発揮しますが、一体どのような治療方法が行われるのでしょうか?

 

薬での治療

 

皮膚科でのシミ治療といえばレーザー治療などを行うイメージが強いかもしれませんが、レーザー治療に踏み込む前に内服薬や外用薬での治療がまず勧められます。

 

皮膚科で処方される塗り薬

ハイドロキノン

美白成分が非常に強く、皮膚の漂白剤といわれる成分です。

 

ハイドロキノンが含まれている化粧品も存在しますが、安全性の問題から濃度が低めとなっています。

 

皮膚科で処方される軟膏は5〜10%と非常に高い濃度で配合されています。

 

トレチノイン

皮膚のターンオーバーを促進する効果のある成分です。

 

肌のターンオーバーが早まるとバリア機能が弱まったり、皮膚が薄くなることで痛みや痒みを伴うことがあります。

 

そのため、医師の処方の元でしか扱えないようになっています。

 

皮膚科の場合、ハイドロキノンとトレチノインをセットで処方される場合が多いです。

 

非常に取り扱いが難しい成分ですので、医師の指導のもと肌やシミの状態を見ながら治療を行うことが大切です。

 

皮膚科で処方される飲み薬

トランサミン

メラニンを発生させるメラノサイトの働きをブロックすることでメラニンの生成を抑えます。

 

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑え、無色化する効果のほかに高い抗酸化作用を持ち、シミを薄くする効果が期待できます。

 

ビタミンE

非常に抗酸化作用が強く、若返りビタミンとも呼ばれています。ビタミンCと同時に摂取することで高い効果が期待できます。

 

レーザーによるシミ治療

 

手っ取り早くシミを消したい方にはレーザー治療がおすすめです。

 

シミを取るために使用されるレーザーは黒と茶色の色素のみに反応します。この作用を利用し、シミの原因となっているメラニン色素細胞を破壊します。

 

破壊されたメラニン部分はかさぶたとなり、肌のターンオーバーと合わせてはがれおち、新しい皮膚が生成されることでシミが消えます。

 

レーザー治療で特に効果があるとされているのが、紫外線のダメージが起因となる老人性色素斑です。

 

老人性色素斑自体は消せる可能性が高いですが、稀にレーザーによる刺激で炎症後色素沈着が起こってしまうことがあります。

 

炎症後色素沈着はレーザー治療における副作用の一つなのですが、レーザーを当てたことによる刺激によって発生してしまうシミです。炎症性色素沈着はレーザー治療では消すことが難しいので、また違う治療法を試す必要があります。

 

レーザー治療は保険が適応されませんので、自費治療となります。

 

病院によって値段に差はありますが、大体5mm程度で1万円〜1万5千円です。機械によっても変わってくるので、1度カウンセリングを受けることをおすすめします。

 

レーザー治療は成功すれば非常に素晴らしい効果を発揮しますが、副作用や肌に合わなかったときなどに受けるダメージも大きいです。

 

病院選びからしっかりとリサーチを行い、自分の肌やシミに適応しているのかどうかをじっくり調べてから治療を開始するようにしてくださいね。

 

 

 

関連ページ

自然の万能薬、アロエはシミにも効く!?
怪我などの治療にも使え、美肌にも効果があるとされているアロエですが実はシミやそばかすを薄くする効果もあるといわれています。アロエがどのようにシミにアプローチするのかを調べてみました。
シミを改善するためには肌を健康にすることが大切
一度できてしまったシミを改善するのはなかなか至難のワザですよね。それこそ色々な化粧品を試したり、美容法を実践してみたり・・・。シミを改善するために最も大切なのは肌を健康に保つことです。では、肌を健康に保つ秘訣とは何なのでしょうか?
シミに効果があるサプリってあるの?
シミケアが出来ると数多くのサプリが販売されていますが、実際はどのような効果があるのでしょうか?シミに効果があるとされているサプリに含まれている成分について調べてみました。
市販薬でシミに効果がなかったら?
シミに効果があると販売されている市販薬も多くありますが、長年使っていてもシミが薄くならないという人もいます。市販薬が効かない理由とは一体なんなのでしょうか。
ステロイドを塗るとシミが出来る?
皮膚の炎症や疾患などの治療として使われるステロイドですが、ステロイドを塗ったまま紫外線を浴びてシミが出てしまったという方もいます。本当にシミができてしまうのでしょうか?
シミとそばかすの明確な違いとは?
シミとそばかす、呼び方が違うだけで同じものに見えますが実は明確な違いがあるんです。出来てしまう原因や、治療法までシミとそばかすの違いについて調べてみました。
コスパ最強!効果絶大なホホバオイルはシミにも効く!?
とにかくコスパが良く、高い効果も期待できるホホバオイルは美容を気にする女性に圧倒的な支持を得ています。そんなホホバオイル、シミにも効果が期待されるとして注目を浴びています。シミにどのような効果を示すのでしょうか?