シミ(しみ) ホホバオイル

コスパ最強!効果絶大なホホバオイルはシミにも効く!?

 

食用オイルの画像

 

ホホバオイルといえばコスパの良さが最大の魅力ですよね。

 

高い美容液を少しずつ使うより、安いものをたっぷり使う方が肌にも効果があるという方もいます。

 

そういった思考の女性に大変な支持を集めているホホバオイルなのですが、実はシミを薄くする効果もあるとされています。

 

ホホバオイルはシミに効くの?

 

ホホバオイルがシミに効くとされている理由は「ターンオーバーを促進する」といわれているから。

 

肌を健やかに保つにあたって大敵なのが乾燥。肌の乾燥は肌にとって様々な悪影響を与えます。

 

ホホバオイルの最大の魅力は保湿力です。皮脂と同じ成分であるホホバオイルを肌にたっぷりと塗ることで肌のバリア機能を高めます。

 

バリア機能が高まることで肌トラブルを抑え、肌を健やかに保つことができます。

 

健康的な肌を維持することで、ターンオーバーが正常に働き、シミの原因となるメラニンを排出する働きを高め、シミの予防や改善に効果があるとされています。

 

ターンオーバーの働き

 

人間の肌は周期的に新しい肌への生まれ変わりを繰り返しています。

 

肌を形成している細胞は日々新しいものが作られていますが、新しくつくられた細胞が表に押しあがってくる時に古くなってしまった細胞も共に外に押し出され、最終的に垢となって自然と剥がれ落ちます。

 

このように絶え間なく皮膚が生まれ変わっているため、傷ができてしまっても治癒したり、日焼けした肌が徐々に白い肌に戻っていくんですね。

 

このターンオーバーはシミの原因となっているメラニンを排出する働きもあります。

 

メラニンは外部からの刺激から肌を守るために生成される色素細胞です。本来、生成されたメラニンはそのまま沈着するようなことはなくターンオーバーによって古い角質と共に垢となって排出されます。

 

しかし、このターンオーバーの働きは年齢を重ねるごとに衰えていきます。

 

子供はケガをしてもすぐに治ると感じたことはありませんか?それはターンオーバーが活発だからです。

 

ターンオーバーの働きが衰えてくると傷の治りが遅くなったり、メラニンの排出が追い付かず皮膚に沈着してしまってシミとなってしまうのです。

 

ターンオーバーの周期が年齢を重ねるごとに伸びてしまうのは仕方がないことなのですが、周期を乱さないように正常に保つことが肌を綺麗に保つためにはとても大切です。

 

ホホバオイルの効果的な使い方

化粧水を使う前につける

洗顔を行った後にタオルで顔の水分を優しくふき取ったら、肌が乾燥し始める前にホホバオイルを2〜3滴ほど手のひらで温めながら肌になじませます。

 

こうすることで肌の水分を必要以上に逃がしてしまうことを防ぎ、化粧水や美容液の浸透を高めます。

 

クレンジングに使う

毎日行っているクレンジング剤ではなく、ホホバオイルで化粧落としを行います。

 

ホホバオイルによる効果で毛穴に詰まった汚れや酸化してしまった皮脂を洗い流してくれ、さっぱりとした洗い上がりとなります。

 

ホホバオイルを流したあとは、刺激の少ない洗顔料でホホバオイルを洗い流すようにしましょう。

 

 

 

関連ページ

自然の万能薬、アロエはシミにも効く!?
怪我などの治療にも使え、美肌にも効果があるとされているアロエですが実はシミやそばかすを薄くする効果もあるといわれています。アロエがどのようにシミにアプローチするのかを調べてみました。
シミを改善するためには肌を健康にすることが大切
一度できてしまったシミを改善するのはなかなか至難のワザですよね。それこそ色々な化粧品を試したり、美容法を実践してみたり・・・。シミを改善するために最も大切なのは肌を健康に保つことです。では、肌を健康に保つ秘訣とは何なのでしょうか?
シミに効果があるサプリってあるの?
シミケアが出来ると数多くのサプリが販売されていますが、実際はどのような効果があるのでしょうか?シミに効果があるとされているサプリに含まれている成分について調べてみました。
市販薬でシミに効果がなかったら?
シミに効果があると販売されている市販薬も多くありますが、長年使っていてもシミが薄くならないという人もいます。市販薬が効かない理由とは一体なんなのでしょうか。
ステロイドを塗るとシミが出来る?
皮膚の炎症や疾患などの治療として使われるステロイドですが、ステロイドを塗ったまま紫外線を浴びてシミが出てしまったという方もいます。本当にシミができてしまうのでしょうか?
シミとそばかすの明確な違いとは?
シミとそばかす、呼び方が違うだけで同じものに見えますが実は明確な違いがあるんです。出来てしまう原因や、治療法までシミとそばかすの違いについて調べてみました。
皮膚科で行われるシミの治療方法
どうしても消えないシミを消すために皮膚科に駆け込む人も少なくありません。皮膚科で行われるシミの治療法はどんなものがあるのでしょうか?