シミ(しみ) 産後

産後に急に増えたシミ!どうすればいいの?

 

母親と子供の画像

 

産後は赤ちゃんにつきっきりで、あまり自分にかけてあげる時間ってなくなりますよね。紫外線や日差しの強い時間帯は出歩くのを避けているのになぜか増えるシミ。どうして産後はシミが多くなりがちなのでしょうか?

 

産後のシミはホルモンバランスが関係している!

 

妊娠、出産は女性ホルモンが大きく変動します。

 

妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの量が急激に上昇し、産後に急激に減少します。

 

エストロゲンは、赤ちゃんをお腹で育てる準備をするのに必要なホルモンですが、お肌に潤いを与えてくれる作用もあります。

 

プロゲステロンも妊娠の継続に大切なホルモンで、赤ちゃんが大きく育っていくのをサポートしてくれます。

 

とても大切な役割を持つ女性ホルモンですが、実はメラニンの分泌を促してしまう作用もあるんです!

 

紫外線を浴びると、体を刺激から守ろうとしてメラノサイトが活性化して色素が分泌されてしまいますが、紫外線だけでなくホルモンの影響でも分泌されてしまいます。

 

だから、外出を控えている方でもいつの間にかシミが増えていることがあるんですよ!

 

産後に美肌効果のあるエストロゲンが減ることにより、肌のバリア機能も弱まります。

 

そして昼夜を問わない24時間つきっきりの赤ちゃんのお世話で感じる睡眠不足や疲れも、活性酸素を発生させシミの原因に。

 

でも対策の方法はありますよ!

 

室内にいても日焼け止めは必須!

 

外に出なければ紫外線の影響を受けないなんて大間違い!

 

外にいるよりは減りますが、室内にも紫外線は入ってきているんです。

 

日焼けの原因となるUVBは窓ガラスを通過してきませんが、肌の奥深くまでダメージを与え活性酸素を発生させ、シミやたるみの原因となるUVAは入ってきます。

 

もちろん晴れの日だけでなく曇りの日も入ってくるので注意してくださいね!

 

産後は赤ちゃんのことばかりで、自分のことは後回しになりがちですよね。

 

でも日焼け止めをささっと塗るだけだったら簡単なはずです!

 

外出しない日でもSPF20、PA+程度の日焼け止めを塗りましょう。

 

朝塗ったら昼にもう一度塗ってあげるのがベストですね!

 

シミにはビタミン類の摂取を積極的に!

 

母乳を上げている期間は、赤ちゃんに栄養を分け与えることになるので、母体の栄養が不足しがちです。

 

まず不足しがちなのがカルシウム。

 

イライラや骨粗しょう症の原因にもなるので、チーズや牛乳などの乳製品を食べましょう。

 

そして鉄分。

 

母乳は血液から作られるので、鉄分が不足しがちです。

 

不足すると疲れやすくなり、体に不調が出やすくなってしまいますので、ホウレン草や切干大根などを食べましょう。

 

更に赤ちゃんの成長を助けるだけでなく、母親の美肌を作るためにも大切なビタミン類も忘れないでください。

 

とくにシミが出来やすい状態なので、ビタミンCの摂取は大切です。

 

活性酸素を除去してくれるビタミンEや、皮膚の再生を助けるビタミンAやビタミンB群も美肌と健康のために必要です。

 

たくさんの栄養を取らなければいけないと思うかもしれませんが、好き嫌いせず、野菜も魚も肉もまんべんなく食べていれば大丈夫なことが多いですよ!

 

和食中心で、体を冷やさないように温かいものを食べるのがおすすめです。

 

自分のためでなく赤ちゃんのためにも、バランスの良い食事を取りましょう!

 

 

 

関連ページ

自然の万能薬、アロエはシミにも効く!?
怪我などの治療にも使え、美肌にも効果があるとされているアロエですが実はシミやそばかすを薄くする効果もあるといわれています。アロエがどのようにシミにアプローチするのかを調べてみました。
シミを改善するためには肌を健康にすることが大切
一度できてしまったシミを改善するのはなかなか至難のワザですよね。それこそ色々な化粧品を試したり、美容法を実践してみたり・・・。シミを改善するために最も大切なのは肌を健康に保つことです。では、肌を健康に保つ秘訣とは何なのでしょうか?
シミに効果があるサプリってあるの?
シミケアが出来ると数多くのサプリが販売されていますが、実際はどのような効果があるのでしょうか?シミに効果があるとされているサプリに含まれている成分について調べてみました。
市販薬でシミに効果がなかったら?
シミに効果があると販売されている市販薬も多くありますが、長年使っていてもシミが薄くならないという人もいます。市販薬が効かない理由とは一体なんなのでしょうか。
ステロイドを塗るとシミが出来る?
皮膚の炎症や疾患などの治療として使われるステロイドですが、ステロイドを塗ったまま紫外線を浴びてシミが出てしまったという方もいます。本当にシミができてしまうのでしょうか?
シミとそばかすの明確な違いとは?
シミとそばかす、呼び方が違うだけで同じものに見えますが実は明確な違いがあるんです。出来てしまう原因や、治療法までシミとそばかすの違いについて調べてみました。
コスパ最強!効果絶大なホホバオイルはシミにも効く!?
とにかくコスパが良く、高い効果も期待できるホホバオイルは美容を気にする女性に圧倒的な支持を得ています。そんなホホバオイル、シミにも効果が期待されるとして注目を浴びています。シミにどのような効果を示すのでしょうか?
皮膚科で行われるシミの治療方法
どうしても消えないシミを消すために皮膚科に駆け込む人も少なくありません。皮膚科で行われるシミの治療法はどんなものがあるのでしょうか?
シミのない美肌を目指す人が取り入れている漢方!効果をもっと上げるには?
年齢とともに気になるシミですが、漢方でシミが出来にくい体質にしていくこともおすすめです。体質改善をサポートする漢方の、効果を生かすために大切なことをご紹介します!
クレンジングの仕方ひとつでシミが出来る!
ほとんどの女性がメイクをすると思いますが、必ず使うのがクレンジング。間違った使い方をするとシミの原因になります!シミを作らないためにも、自分の肌に合ったクレンジングを使いましょう!
エステでするケアはシミに効果ある?
美肌効果の得られるフェイシャルエステですが、シミにも効果があるのでしょうか?エステサロンで癒されながらシミもキレイにケア出来たら嬉しいですよね!
シミやくすみには内側からケアがおすすめ!
シミやくすみがあるお肌は老けて見られがちです。若々しい美肌でいるためには、シミやくすみは厳禁!内側からケアをしていって、美しい肌を保ちましょう!
ストレスはシミの敵!
ストレスを溜め込んでしまうと体に不調が出てしまいますが、肌にも影響が出てシミが出来やすくなります。こまめにストレスを発散することもシミ予防に繋がりますよ!
シミ対策に良い食べ物って?
シミを作らないためにも、日々の食べ物に気を使うことは大切です。どんな食べ物がシミを防ぎ、美肌を保ってくれるのでしょうか?栄養別に食品も一緒にご紹介します!
ターンオーバーの乱れがシミを作る!
シミが出来る原因はさまざま。でもターンオーバーが乱れていなければ、いつまでもシミとして肌に残りません!なぜターンオーバーが乱れてしまうのかお伝えしていきます!