シミ(しみ) 市販薬

市販薬でシミに効果がなかったら?

 

錠剤やカプセルの画像

 

ドラッグストアには多くのシミ対策薬が売られていますが、それを使っても効果がないと感じる方もいます。

 

そもそも、市販薬でシミを消すことはできるのでしょうか?

 

市販薬はシミを薄くする効果なら期待できる

 

市販薬に含まれる有効成分としてはビタミンC誘導体やL-システインなどが主にあげられますが、これらはメラニンの生成を抑える効果によって予防に期待ができます。

 

また、ビタミンC誘導体はシミの原因となる黒色メラニンを無色化する効果があるのですが、すぐに体外に排出されてしまう成分なのでなかなか効果を実感できません。

 

そのため、出来てしまっている濃いシミを消すほどの効果はなかなか期待できないのが現状です。

 

また、シミの種類によってはビタミンC誘導体やL-システインが効果を示さないこともあります。

 

まずは自分に出来てしまっているシミの種類を理解することが大切です。

 

シミの種類

老人性色素斑

一般的にシミと言われているものの多くがこの老人性色素斑です。

 

境界線がはっきりとしたシミで顔や手の甲など日光を浴びやすい部位に発症します。

 

雀卵斑(そばかす)

遺伝的要素が強いシミで、幼少期からあることが多いです。鼻から頬に向かってまばらなシミが小刻みに出来るのが特徴です。

 

紫外線に当たることで悪化することがあります。

 

肝斑

ホルモンバランスの乱れにより発生するといわれているシミです。左右対称にできるのが特徴で、30代以降の女性に発生することが多いです。

 

先ほど有効成分としてあげたL-システインなど一般的に美白に効果があるといわれている成分は肝斑には効果がありません。

 

炎症後色素沈着

傷や炎症が起こった後にメラニンが沈着してしまうことにより起きるシミです。ニキビ跡なども炎症後色素沈着の一種です。

 

病院にかかるなら?

 

シミに対する診療をしてくれる病院は皮膚科か美容皮膚科です。

 

皮膚科であれば健康保険の適用が可能な場合もあり、費用もおさえられますが一般的なシミに対しては保険を適用してくれる場合はないに等しいです。

 

美容皮膚科であればシミに対する薬や治療法も多くありますが、値段が高くついてしまうのがデメリットとしてあげられます。

 

専門の病院でシミを見てもらうことで自分に出来たシミの種類や、適した治療法を提案してもらうことができます。

 

病院での治療方法

レーザー治療

レーザーの熱によってメラニンを分解させ、かさぶた状になったのちに剥がれ落ちます。

 

シミの種類にもよりますが、一度の治療で完全になくなることもあります。

 

外用薬治療

皮膚科でしか取り扱うことの出来ない強い塗り薬を使用した治療をすることができます。

 

主に扱われるのがハイドロキノンとトレチノインです。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほど強い効果を示します。また、トレチノインは肌のターンオーバーを促進します。

 

どちらも肌への刺激が非常に強い薬品ですので、医師の指導の元に扱うことが推奨されます。

 

内用薬

皮膚科でも内用薬が処方されることがありますが、これらの成分はビタミンCや肝斑への治療に使われるトラネキサム酸ですので、市販薬に含まれる成分とは大差ありません。

 

病院で治療を受ける1番のメリットはやはり専門の医者によって適切な治療が行える点です。

 

また、シミをつくってしまった原因となる生活習慣への指導や予防方法なども指南してもらえるのも嬉しいポイントですね。

 

 

 

関連ページ

自然の万能薬、アロエはシミにも効く!?
怪我などの治療にも使え、美肌にも効果があるとされているアロエですが実はシミやそばかすを薄くする効果もあるといわれています。アロエがどのようにシミにアプローチするのかを調べてみました。
シミを改善するためには肌を健康にすることが大切
一度できてしまったシミを改善するのはなかなか至難のワザですよね。それこそ色々な化粧品を試したり、美容法を実践してみたり・・・。シミを改善するために最も大切なのは肌を健康に保つことです。では、肌を健康に保つ秘訣とは何なのでしょうか?
シミに効果があるサプリってあるの?
シミケアが出来ると数多くのサプリが販売されていますが、実際はどのような効果があるのでしょうか?シミに効果があるとされているサプリに含まれている成分について調べてみました。